青汁原料、食べるのはどう?

まずさが美味しさの秘密

外国、とくにアメリカ、ヨーロッパなどでは、ケールの葉をサラダとして食べます。かなり濃い味ではありますが、食べられないほどではありません。当然、ドレッシングや他の食べやさいと混ぜれば、ケール独自の青臭さも消えます。

 

もし、どうしても青汁、ジュースとして飲むのがきついなら、色々な摂取の仕方を考えてみるといいでしょう。

 

明日葉なども、原産地の八丈島などでは、普通に料理されて食べられています。最初、にがうりでのゴーヤチャンプルが苦手だった人も、慣れてくると美味しく感じられるように、この青汁原料の葉も、食べているうちに美味しく感じられなくもないかもです。独自の苦みやエグ味が病み付きになるケースも。

 

ちなみに、生野菜では野菜そのままの味がでてしまいますが、調理して加熱したり、同じように癖のあるものと一緒に傷めたりすることで、美味しいお料理になります。要はレバニラ炒めがよい例です。

 

調理すると、加熱によって損なわれる栄養分がきになりますが、それでもこれらの葉は栄養一杯には違いなく、加熱によりもっと吸収されやすくなる栄養分もあります。ただ、ビタミンCやビタミンB1、酵素などは加熱で失われるので、これらの栄養を補給したい場合には、やはり生食やジュース、青汁がベストとなります。

 

参照リンク

おいしくて飲みやすい人気の青汁・・・たくさん出ている青汁の中でも、人気の青汁をランキング形式でご紹介します。